1. >>
  2. >>
  3. 行政書士の歴史

行政書士の歴史

行政書士の歴史 はコメントを受け付けていません。

行政書士のルーツ

勉強行政書士の歴史を考えるにあたり外せないのが1872年に制定された司法職務定制です。これは日本の幕末から明治維新へと近代化が進む中で西洋諸国と並ぶ司法制度を構築するために制定されました。この制度が行政書士のルーツといえるものです。

制度の中で代書人制度があり、この代書人こそ今の行政書士に当たります。そこから、明治時代の後期になると代書人が専門職として団体を作るようになり、この結果できたのが1919 年の司法代書人法です。これによって一般代書人と司法代書人が区別されるようになりました。

現在、行政書士と司法書士という二つの士業がありますが、この二つの違いは一般代書人と司法代書人の違いです。ただし、一般代書人の職務が明確になったのは1920年の代書人規定ができたことに由来しています。

行政書士の誕生

日本国憲法が制定されて代書人規則は失効してしまい、これによって多くの人が一般代書人業務に参入することになってしまったのです。しかし、これは参入者の中に悪徳業者がいたこともあり被害が出てくる場面も出てきます。そこで、一般代書人に対して再規制を求める動きが強まったのです。この際、まずは行政書士条例として各地の条例で規定されることになりました。その後、1951年に行政書士法が制定され現在の行政書士の形が作られたのです。

行政書士のルーツは代書人であり書類の代筆が主な仕事となっていました。しかし、現在では弁護士法に抵触しない範囲での業務と犯意が拡大していて法律で専門領域が守られている仕事以外は行政書士が執り行うことが可能です。そのため、裁判所に近い部分の手続き業務についても行うことができるようになっています。現在、一般的な許認可申請の書類作成や提出の代理といった仕事以外にも相続のような民亊法務についても対応が可能です。そのため行政書士は幅広い分野で活躍することができます。