1. >>
  2. >>
  3. 士業の屋号を付けるときに考えること

士業の屋号を付けるときに考えること

士業の屋号を付けるときに考えること はコメントを受け付けていません。

士業で屋号をつける

屋号独立開業をするとなると悩む問題はいろいろとありますが、その中の一つがどのような屋号にするかということです。屋号はとても重要なもので安易に決めると後から後悔することもあります。一般的に屋号の決め方というのは個人名と士業名に事務所を組み合わせたものが多いです。具体的には○○行政書士事務所、という形で〇の部分に名前が入ります。

こういった屋号は見た目にも好き李としておいよく使われるものです。しかし、この付け方は集客効果が高いといえないものであり、もう少し考える必要があります。

屋号を決める際の注意点

屋号を決める際、気を付けるべきこことして、埋もれないものにすることが大切です。よく見る名前は周囲の名前に埋もれてしまいやすく、お客様の印象にも残りにくくなってしまいます。

また、最近では依頼する事務所を選ぶ際、多くの人はインターネットを利用するのでインターネット対策も必要です。多くの人は検索エンジンを使って検索しますが、検索キーワードに屋号が含まれるようにすると見つけてもらいやすくなります。また、業務内容がイメージしやすい屋号にするのもおすすめです。多くの人は行政書士事務所、司法書士事務所と聞いても具体的な業務内容をイメージすることができません。

そこで、専門的に取り扱っている事業内容を屋号に盛り込むと集客しやすくなります。他にも地域や駅名といったものを入れるのも検索ワードに引っ掛かりやすいです。

屋号というのは一生同じものを使い続けるのではなく変えることもできます。そのため一般的なよく見る屋号にしてしまっている人はいま一度考え直して集客しやすいものに変えるということも可能です。ただし、あんまりにも何度も変えていると信頼を失いやすくなりますから、よく考えてできるだけ変えることなく使える屋号をつけることが望ましいといえます。

※屋号について
参考:屋号とは? 屋号のつけ方と注意点