1. >>
  2. >>
  3. 司法書士って本当に稼げるの?

司法書士って本当に稼げるの?

司法書士って本当に稼げるの? はコメントを受け付けていません。

司法書士は稼げる仕事

稼げるのか多くの人が司法書士といえば年収が高く安定的に稼ぐことのできる仕事だと思っています。
確かに司法書士になるのは難しいです。そのため司法試験に合格したらそのあとは安泰であるというイメージを持ちやすくもあります。

ただ、こういったイメージは昔のものです。年収が高いというイメージは昔の司法書士が稼げていたという背景があります。

昔は書類作成はプロに依頼しないとできないものだという考えが当然でした。しかし、今ではインターネットが普及しており、放逸の条文や判例といったものは個人でも閲覧が可能です。そのため一般人であっても勉強をすればある程度の知識を身につけられます。

この影響により、最近では司法書士に仕事を依頼しなくても対応できることが増えているのです。そうすると司法書士は受ける仕事の数が減ってしまい、おのずと報酬も減ってしまいます。そのため昔に比べると司法書士は稼げるとは言えない状況にあります。

司法書士の年収

年収司法書士と言うと独立して開業しているイメージを持っている人が多いです。しかし、司法書士は業務内容が専門的であるために資格を取得してからすぐは独立して働くのではなく、どこかの事務所に勤務して実務経験を積むことが必要になります。

勤務司法書士という形をとった場合、初任給は平均して20万円程度、一般的な企業のサラリーマンと同等かそれよりも少ないケースも多いです。そのため難しい試験に合格したのに収入が高くいないこと、生活面で苦労することがあることに対して驚く人もいます。ただし、経験を積んでいけば給与も上がっていきますが平均年収としてはサラリーマンと同等です。

そういった面から独立開業してしっかりと年収を稼ぎたいと考える人もいます。年収が1000万円を超えている司法書士も1割程度はいますがこちらも狭き門といえる状況です。ただ最初に必要となる開業資金は他の仕事より少ないという点で独立することを検討する人は多くいます。