1. >>
  2. >>
  3. 士業事務所の選び方

士業事務所の選び方

士業事務所の選び方 はコメントを受け付けていません。

士業事務所を構える際の悩み

悩みこれから独立開業をして士業事務所を設立しようと考えた場合、事務所の問題は多くの人が抱えるものです。事務所をどこに構えるかによってやはり以来の数も違ってきます。だからといって人気の合う地域を選ぶと家賃が高いというのも大きな問題です。

そして、土地勘がある場所での開業をするのか、はたまた土地勘はなくても都会であったり企業が多く会ったりするような場所を選ぶという人もいます。人によって事務所選びの優先順位も違いますが、慎重に選ぶことが重要です。

士業事務所の選び方

士業事務所を選ぶにあたり、外せない項目の一つとして交通の便があります。都会であっても地方であっても、どうしても交通の便は大切です。

特に士業の仕事というのはインターネットだけで完結するわけではなく、依頼主が足を運んできた李、足を運んだりすることが必要になります。そうすると顧客もアクセスしやすい場所にある事務所に依頼をしたいと思いますし、事業をしている当事者にとっても受けられる仕事が限られてしまうために利益が出なくなる要因です。

そこで、事務所を選ぶ際には交通の便というのはかなり上位に置いた方がよい条件といえます。知名度の高い駅や都心からアクセスしやすい場所、電車やバスの本数が多いところはやはり人気です。最寄駅から近いことはもちろんですが、総合的なアクセスで選ぶ必要があります。

もちろん地方でクルマ社会という地域もあり、そういった場合には駅からは遠くても車でのアクセスがしやすい場所であれば問題ないことも多いです。ただし、その場合には駐車スペースが必要となりますから、駐車場が自分たちの事務所に設けられたりすぐ近くに駐車場が合ったりすることが必要になります。

設備等の確認

設備事業を始めたら、一人暮らしの引っ越しのように簡単に引っ越してオフィスを移転するということは難しいです。家賃も高いですし移動させる荷物も多くありますし、なおかつクライアントに迷惑をかけてしまいます。そのため、一度選んだ物件はずっとオフィスとして構え続けられるところを選ぶべきです。

もちろん、中には事業が成功して事業拡大のために移転をするということもあります。そういった場合は良いことですし、業績が安定するまでに必要以上に経費の掛かる物件を選ぶ必要はないです。高い家賃を払いすぎて事業が回らなくなってしまい業務縮小のために移転になるようなことがないよう、身の丈に合った物件を選ぶことが望ましいといえます。

とはいえ、賃料だけがすべてではないです。物件としてアクセスが良いこと、賃料はとても大切なポイントですが、それ以外にも確認するべきことはあります。

たとえば、テナントビルの場合には他のテナントがどういった業種であるということは集客に影響するものです。そのためテナントに入っている事務所がどういった事業をしているか、集客状況がどういったものかということも事前リサーチが必要になります。また、周囲からの評判もあるので自分たちの前にはどういった人たちが借りていたのか、評判はどうだったのかも確認しておくと安心です。

設備ももちろん大切な要素になります。日当たりや部屋の広さ、間取りといったもの以外にもお手洗いはオフィス内にあるのか共同なのか、といったことも考慮すべきポイントです。もちろん、条件が良くなればなるほど家賃は高くなりますから、優先順位を決めてできるだけ理想に近い物件を選んでいくことがポイントになります。