1. >>
  2. >>
  3. 行政書士資格の難易度と勉強のコツ

行政書士資格の難易度と勉強のコツ

行政書士資格の難易度と勉強のコツ はコメントを受け付けていません。

行政書士になるには

メモ行政書士になるためには行政書士の国家資格に合格することが必要です。他にも行政書士になるためには弁護士や弁理士といった法律専門職の資格を取得したい公務員として行政事務を規定年数以上勤めたりする方法もあります。しかし、これらの方法もとても難易度が高いということで行政書士になるためには多くの人が行政書士の国家試験を受けることを選んでいる状況です。

行政書士は他の法律関連の資格試験に比べれば難易度は低いといわれています。しかし、日常では使わないような法律についても出題されますし覚えることも多くあるためしっかりとした準備が必要です。合格率も決して高くなく10パーセント程度を推移しています。

行政書士の試験勉強

勉強
行政書士の試験は決して簡単ではないですから、毎日の試験対策の取り組みが必要です。仕事をしている社会人が挑戦することも多いですが、しっかりと効率よく勉強をしないと思うように試験範囲を進めることができません。

試験対策としては基本的に過去問を中心として覚えていきます。テキストを用意してそこに書かれている内容をチェックしたらその後過去問を解いて知識を確実に詰め込んでいくのです。試験範囲が広いですから計画的に勉強を進める必要があります。

独学で勉強する人の中には行政書士事務所で働きながら勉強するという人も多いです。これは実際の現場で働くことで勉強した内容をすぐに実践できること、普段の仕事でも勉強できることはもちろんですが、資格を取得後も継続して働けるので就職で困らないというメリットもあります。

内容が難しく多岐にわたるということで、最近では資格取得のための予備校に通ったり通信教育を利用したりする人も多いです。こういったものは完全な独学より早く効率的に覚えられるよう出題頻度ごとにまとめられていたり、覚えやすい順序で授業が組み立てられていたりと工夫がされています。