1. >>
  2. >>
  3. 社労士資格の難易度と勉強のコツ

社労士資格の難易度と勉強のコツ

社労士資格の難易度と勉強のコツ はコメントを受け付けていません。

勉強社労士は資格を取得すると安定的に仕事ができる、というイメージから資格取得を目指す人が多いです。中には社会人になった人が転職するために社労士を目指すというケースもあります。

社労士の試験を受けるためには受験資格が必要です。ただし、この受験資格は多くの種類がありほとんどの人が該当できるとされています。

試験の合格率は例年10パーセントほどですが、年によっては2パーセントという年もあり、かなり狭き門です。独学でも受験勉強はできますが、中には資格取得のための予備校に通ったり専門学校に通ったりしている人もいます。

※社労士になるには
参照:社労士になるには。 社労士資格で理想のライフワークバランス!

社労士の試験対策

資格取得のため勉強中独学で勉強して合格するという人もいますが、かなり少数です。まず、試験内容が難しいということで独学で勉強する人が少なく試験対策のための問題集も他の資格に比べるとあまり販売されていません。そのためテキストが少ない中から自分に合っているもの、わかりやすいものを探すことも苦労をする点です。

また、社会保険や年金制度といったものは年によって大きく変わります。そのため自分で変更点を確認する必要があり、これがかなり面倒です。そういった理由から試験対策を予備校でしたり通信教育でしたりする人が多くいます。

予備校に通っていると授業も効率よく学べるよう試験に良く出るものを中心に教えてくれますし、覚えやすいように順序立てて教えてもらえ覚えやすいです。また、定期的に試験が行われますし試験前には予想問題も配布されるのでしっかりと準備をして試験に臨むことができます。

とはいえ、予備校に通ったり通信教育を利用したりしたら必ず合格するわけではないです。大切なのはそういった教材をきちんと使いこんで知識にすることであり、家庭学習が必要となります。試験に合格するためには予備校に通ったり通信教育を利用したりするのはもちろんのこと、その内容を暗記したりまとめたりする時間を設けることが必要です。