1. >>
  2. 就職

就職

就職 はコメントを受け付けていません。

就職

就業士業といえば多くの人が資格を取得すれば安泰というイメージを持っています。昔は紹介が受けられる仕事であり特にこちらから外部に働きかけをしなくても自然と仕事が入ってくるものでしたし、給与も高水準な人たちが多かったです。そのため、多くの人はある程度の経験を積むと独立開業をして仕事をしていくスタイルをとっていました。

しかし、長引く不況の影響や雇用形態の変化もあり、最近ではかなり苦労している人たちも多いです。昔のように独立しても誰もが生計を立てられるわけではなく、中には開業したもののうまくいかなくなり業務を停止してしまうケースもあります。

そのため、士業の人たちも就職は簡単なものではなく、より良い条件の事務所で業務をするためにはやはり就職活動は大変です。また、働き始めてオフィスを変わりたいと思った場合は転職が必要ですが、転職事情きちんと情報を得ていないと思うような転職先が見つからない可能性があります。そこで、早いうちから情報収集をしておき明確なキャリアプランを策定しておくことが大切です。

会計士の転職事情

転職を考えるタイミングは人によっていろいろとありますし、その理由もいろいろとあります。中にはかなりナイーブな問題もあり人にはなかなか相談できないということも少なくないです。そこで、もしも士業で転職を検討するという場合には同業者がどのように転職をしているのかということをインターネットを通じて知ることがとても役に立ちます。

行政書士の転職事情

行政書士は独立するまでに経験を積もうと何度か事務所を転職する人も多いです。また、キャリアアップのために行政書士事務所以外の場所で働くことを検討する人もいます。どういった形の転職であってもきちんと情報収集をしてキャリアプランを持っておくことが大切です。そこで、ここでは行政書士の転職事情を紹介していきます。

社労士の転職事情

転職先社労士は多くの人が社会保険労務士事務所や法律関連の事務所で働いていますが、転職場所はこれだけではないです。事前にしっかりと転職先の情報を集めておくと後悔することもないですし、望んだとおりのキャリアプランを進んでいくことができます。後悔しないためにも事前の情報収集はとても大切です。そこで、ここでは社労士の転職事情とどういった転職先があるかを紹介していきます。

中小企業診断士の仕事内容と向いている人

士業の中でも難易度が高い資格の一つが中小企業診断士です。難しいからこそ資格を取得するといろいろなキャリアに生かすことができます。

ただ、仕事の内容や適性がわかっていないと資格を取得しても無駄になる可能性も高いです。そこで、ここでは中小企業診断士の仕事内容と向いている人がどういった人なのかを紹介していきます。

宅建士の仕事内容と向いている人

宅建士というのは宅地建物取引士というのが正式名称です。なんとなく仕事を知っている人も多いですが意外と具体的な仕事内容を知らない人もいます。
せっかく資格を取得したのに思っていた仕事内容と違うとなれば水の泡です。そこで、ここでは宅建士の仕事内容と適性を紹介していきます。

>>会計士の転職事情
>>行政書士の転職事情
>>社労士の転職事情
>>中小企業診断士の仕事内容と向いている人
>>宅建士の仕事内容と向いている人