1. >>
  2. >>
  3. 行政書士の転職事情

行政書士の転職事情

行政書士の転職事情 はコメントを受け付けていません。

行政書士の転職

面接中行政書士というのは行政書士会に登録をして独立・開業をするための資格を取得する子Kとが必要です。そのため一般企業に就職をしてその中で行政書士として登録をして仕事をすることは認められていません。行政書士資格を取得した場合、基本的にはその資格を活用して働くことを考える必要があります。

ただ、行政書士という名称で働くのか、その資格や経験、知識を活用して働くのかということを考えることが必要です。それによって働く場所が違うのです。

一般企業への転職

行政書士は企業に就職して行政書士として働くことができないようになっています。そのため一般企業に転職をする場合には行政書士とは全く違う仕事をするのか、知識や経験を活用するのかによって就職先が違うのです。

例えば、一般企業でも法律関係の仕事をする部署であれば行政書士の経験や知識が活用できます。そのため、法律関係の部署である法務部や総務部で転職すれば今までの知識や経験を生かした仕事ができるのです。ただ、あくまでも行政書士という名称で働くのではなく、行政書士の資格を生かして資格取得のために学んだ知識を生かせる仕事をしています。

しかし、こういった働き方をしたいと思ったらやはり行政書士の資格だけでなく行政書士としての活動経験が必要です。実際に仕事をして知識を活用できているということをアピールしないと就職は難しくなります。

そこで、中には行政書士の資格がありながら全く違う業務内容の仕事をしているという人もいるものです。そういった人は、もちろん皆が法務部や総務部での採用がされなかったり配属がされなかったりしたのではなく、中にはやりたいこと・学びたいことなどがある業種の仕事に就いている人もいます。

行政書士事務所での転職

転職のための面接中行政書士の最も多い転職先は行政書士事務所です。今いる事務所よりもより労働条件の良い事務所に転職しようという場合や学びたい分野、自分の得意な分野を取り扱っている事務所に転職しようといったことがきっかけとなります。

中には行政書士事務所以外にも社会保険労務士事務所、弁護士事務所いったところも転職先の候補としてはありますが、これはあくまでも行政書士と共同で事務所を運営しているものです。そのため業務内容としては行政書士事務所と同じですが、取り扱う分野が専門的なこともあります。

独立・開業

行政書士が資格を取得してある程度の期間働いて経験を積むと、多くの人は独立して自分の事務所を構えたいと考えるものです。開業自体は日本行政書士会連合会に登録をして都道府県に設置されている県単会組織に入会をすればできます。それ以外にも登録費用以外にも設備費用など、家賃といったもので初期費用が100万円程度必要です。

しかし、これらのものがそろえばだれでも独立開業することはできます。大切なことはこれが運営を続けられるかどうかです。

一人で独立開業して業務をこなすのはかなり大変ですし、病気やけがの際の対処も心配になってきます。そこで中には行政書士どうしで一緒に事務所を設立したり、ほかの士業の人と合同事務所を設立したりして独立開業するという人もおり、独立開業の方法は様々です。