1. >>
  2. >>
  3. 会計士の転職事情

会計士の転職事情

会計士の転職事情 はコメントを受け付けていません。

公認会計士の就職難

会計士公認会計士は一昔前までは資格を取得することがむずかしく、資格取得後は安定的に仕事ができ、給与もしっかり得ることができるといわれてきた仕事です。実際、試験に合格した人はほとんどが監査法人に就職していました。

しかし、近年問題となっているのが公認会計士の資格を取得しているにもかかわらず就職できないという状況が起きているのです。この原因の一つがリーマンショックによって起きた不景気から多くの企業が採用数を減らしていることがあります。また、公認会計士の試験制度が変わったことによって合格者が増え全体的に飽和状態となっていることも原因です。

このような状況を改善するために試験の合格者を減らすことが考えられています。しかし、現状かなりの公認会計士がいるためにまだまだ就職難の状況は続く見込みです。そこで、少しでも良い就職先を見つけるためにも公認会計士の資格以外にもアピールできるポイントを見つけようとしている人が増えています。

公認会計士として事務所を移籍したり、独立開業する

公認会計士として事務所を移籍したいと考えた際、やはりアピールポイントが必要になります。最近では公認会計士が飽和状態であるために、ただ公認会計士として働いた経験だけでなくほかにアピールできるものを持っている方が有利です。そのため公認会計士の資格以外にもパソコンのスキルや語学、他の資格などを取得して転職活動をするという人が増えています。

もちろん、独立開業をするという人もいますが、やはり独立しても仕事が安定するとは言い切れないです。公認会計士の数はかなり多いですから安定的に仕事を受けるためにはある程度のクライアントを抱えたうえでの独立が必要ですし、軌道に乗るまでの資金を用意しておく必要があります。

また、独立する場合一人で仕事ができるため自分のペースが維持できたり仕事やクライアントを選ぶことができたりするというのはメリットです。しかしその反面、すべて自分でこなさなければならず苦手な業務やトラブルにも対応が必要ですし体調を崩しても代わりに仕事をしてくれる人がいません。そこで、最近では複数名で合同で事務所を開業したりいろいろな士業の人と合同で開業したりする人も増えています。

公認会計士の資格を生かした転職

転職公認会計士として働くだけでなく、最近では一般企業で公認会計士の知識やノウハウをいかして仕事をすることを検討する人も多いです。公認会計士のスキルがあれば、企業の数字を取り扱えるということで、経理部や総務部で活躍することができます。そこで、一般企業に就職するということもできるのです。

また、中には税理士会に登録をすると税理士としての仕事をすることもできます。地方では税理士の方がニーズが高いという状況もあり、公認会計士でありながら税理士として働いているという人もいるのです。

こういった活躍できる場所を探すには会計求人プラスというサイトを参考にするとより良い転職先が見つけられます。サイトでは会計士として活躍できる場を紹介しているのはもちろんですが、転職活動するにあたって知っておきたいポイントや会計士市場での求人倍率といった転職活動をするにあたって知りたい情報が豊富です。転職活動をするにあたっては情報力が大切であり、このサイトに書いている情報はとても役立ちます。

※会計士の転職事情について
参考:>>会計士の転職は簡単? 転職事情から転職先別働き方分析までご紹介

※求人倍率の情報について
参考:>>電機技術系ではセールスエンジニア/サービスエンジニア、財務/会計系では公認会計士/税理士の求人数が2013年8月以来過去最高

※活躍の場の情報について
参考:>>会計士・税理士事務所の求人情報転職サイト