1. >>
  2. >>
  3. 社労士の平均年収はどのくらい?

社労士の平均年収はどのくらい?

社労士の平均年収はどのくらい? はコメントを受け付けていません。

社労士へのイメージと現実

資金社労士はとても難易度の高い国家試験の一つです。そのため、国家試験に合格すれば安定的で高収入が得られると思っている人も多くいます。そして、独立開業できるため、自分のしたいことができる、自由なペースで働けるイメージを持っている人も多いです。

しかし、実際には独立する人はあまり多くなく、独立開業は向いていないといわれています。平均年収も500万円から800万円といわれており、サラリーマンとほぼ同等か少し高い程度です。

社労士の年収を上げるには

社労士が企業に勤務しているとどうしても年収は800万円を超えることは難しいといわれています。そこで、さらに高収入を得たいと考えれば独立をすることが必要です。

独立開業をして成功をすれば年収は1000万円をこえることはできます。経営が軌道に乗れば1000万円はもちろんですが2000万円いじょう稼いでいるという人もいる状況です。

とはいえ、もちろんすべての人が年収1000万円以上をかせいでいるわけではなく、くろうしている社労士も多くいます。特に士業の中でも社労士は独占業務が社会保険・年金の書類作成と限定されているので事業を成功させるのが難しいです。独占業務以外にもコンサルティング業務を行うようにしたり業務に付加価値をつけたりと工夫することが求められます。

もしも事業が軌道に乗らずうまく取り組むことができないという場合には、やはり廃業してしまう可能性も高いです。そこで、そのようなことが怒らないよう、独立開業する場合にはインターネットや人脈を活用してしっかりと集客することが必要になります。また、事業の内容もやりたいことだけ行うのではなく、少しでも集客できるよう、利益が出せるよう仕事は選ばず取り組む必要がある時期も出てくるものです。安定的に収入が得られるようになるにはある程度の期間苦労することを理解しておく必要があります。