1. >>
  2. >>
  3. 社労士の歴史

社労士の歴史

社労士の歴史 はコメントを受け付けていません。

社労士の資格の歴史

社労士社労士は1968年に社会保険労務士法が制定されたことによって始まったものです。戦後、雇用関係の調整は商法のみでは行えないことが多くあり、そこで労働三法といわれる労働関係調整法、労働組合法、労働基準法という3つが制定されました。これによって労働者の権利が明示されたのです。

その後、高度経済成長を迎え、労働者と使用者の間に問題が起こることも増え、ストライキも頻発されるようになりました。特に1960年代の日本の経済成長は著しく、多くの人たちが所得も大幅に上がり税収も増加して、国内企業も社会保険を多く払うようになったのです。これにより、厚生年金や健康保険、雇用保険、労災保険といったものは発展しましたし、複雑化をしていきます。

そのため、中小企業の担当部門ではこれらの保険の申請や給付の手続きが煩雑化してとても大変になってしまったのです。そこで、専門的に事務手続きを行う人が必要ということで社労士が誕生しました。

社労士の仕事のあり方

社労士の女性社労士が誕生した当初、書類作成業務を代理で行うことができるのは行政書士のみでした。しかし、社会保険分野ではより専門的な知識を持っている人が担当したほうがよいという考えが強まり、社労士法が制定されたのです。

こういった事情があり、行政書士が試験を受けることなく社労士としての資格が得られるという状況もありました。しかし、このときに社労士になった人たちは特例社労士として働いており、今の社労士と同等の仕事はできないことになっているのです。行政書士の仕事のなかで書類作成などの仕事が認められています。

また、現在では2007年の司法制度改革によって特定社会保険労務士という研修を受けた特別な社労士のみが担当できる仕事も出てきており、専門性がより高まることが予想されている状況です。今後も社会のニーズによって社労士の仕事は変わっていくこともあると予想されています。