1. >>
  2. >>
  3. 宅建士の歴史

宅建士の歴史

宅建士の歴史 はコメントを受け付けていません。

宅建士の歴史

宅建士宅建士も今のような制度が整うまでには時間がありました。宅地建物取引業法が施工される昭和27年以前は特にひどい状況であり、不動産業界はあまり良いイメージがなかったです。当時は仲介手数料の規定もなく、契約が成立した後にいろいろな手数料を請求したり勝手な金額で売買をしたりといったことも多く行われていました。

今は不動産業界は一昔前のようなダークなイメージはないです。これは宅建士がきちんと活躍していることが理由としてあります。

宅建士の歴史は日本の不動産業界の歴史

アパート以前の不動産業界に合った悪しき状況を改善するためできた法律が宅地建物取引業法です。ただ、施工された昭和27年の段階では宅建主任者の塩飽支援制度はなく、免許制が取られていました。宅建主任者の試験が導入されるようになったのが昭和33年からのことです。当時は宅地建物取引員という名称であり、昭和39年までは使われてきました。

昭和33年以降は資格がなければ宅地建物取引業法にある重要事故の説明ができないということになったのです。ただし、試験が始まった当初は試験もとても簡単でした。試験問題も30問程度、法令集は持ち込み可能であり、とても試験も簡単だったのです。しかし、昭和40年以降から少しずつ問題の難易度も上がり問題数も増えており、現在は合格率は10パーセントほどになっています。受験者も増えており、特に昭和40年以降から増え今では毎年20万人以上が受験する試験となっているのです。

近年では住宅に対する不信感も高まっています。そのため宅建士による重要事項説明もきちんと確認する人が多いです。ただ資格を取得するだけでなく、丁寧で分かりやすい説明ができることが宅建士に求められています。