1. >>
  2. >>
  3. 中小企業診断士資格の難易度と勉強のコツ

中小企業診断士資格の難易度と勉強のコツ

中小企業診断士資格の難易度と勉強のコツ はコメントを受け付けていません。

とても難関の中小企業診断

資格の名称中小企業診断は資格試験の中でも特に難易度が高く難しいといわれている試験の一つです。
そのため資格取得に挑戦している人たちも一度で合格できる人はほとんどおらず、多くの人が何年もかけて挑戦をしています。

中小企業診断士になるためには1次試験、2次試験があり、2次試験は記述と口述の2種類に合格することが必要です。
さらに、合格後も実務実習を受けてから診断士に登録をすることになります。

合格の基準は総得点が60パーセント以上であり、なおかつ1科目でも満点の40パーセント未満の点数を取っていないことというとても厳しいものです。
そのため試験対策はどの分野もまんべんなく取り組んで知識を身につけておく必要があります。

1次試験に合格すると合格した年とその翌年には2次試験を受験する資格が得らえるため、1次試験に合格すると翌年までは2次試験に挑戦可能です。
しかし、2年連続で2次試験に不合格となるとまた1次試験から挑戦しなければならなくなります。
そのため、2年計画で1次試験に合格し、その後2次試験対策に挑戦するという人も多いです。

中小企業診断の試験対策

中小企業診断の試験対策を独学でしているという人はかなり少なく10パーセント程度といわれています。
基本的には暗記することが多く、1次試験はマークシート式でもあるため独学では決して無理とは言えないです。
独学で勉強して合格しているという人もいます。

しかし、2次試験は独学で挑戦するというのはほぼ不可能です。
内容がとても難しく、与えられた事例について診断をしたり助言をしたりということが必要であり、なおかつそれを記述することになります。
さらに、二次試験の模範解答は公開されていないので独学で試験対策をしていると何が正解であるかという音がわからず取り組むことになるのです。

そこで、多くの人は通信教育を利用したり試験対策のための予備校に通ったりしています。
そういったところにで勉強をすると記述についても模範解答や解答のコツを教えてもらえるので対策がしやすいです。