1. >>
  2. >>
  3. 宅建士資格の難易度と勉強のコツ

宅建士資格の難易度と勉強のコツ

宅建士資格の難易度と勉強のコツ はコメントを受け付けていません。

人気の資格、宅建士

綺麗な部屋宅建士は近年では20万人近い人たちが挑戦している試験です。合格者は毎年3万人ほどおり、合格率16パーセントから17パーセントを推移しています。これは一見難易度が高い試験に見えますが、国家試験の中では合格しやすい試験です。

とはいえ、試験を受けるにあたってはきちんと勉強をして試験対策をする必要があります。試験に合格するためには正答率70パーセント以上が合格点となっていることが多いです。そのためまんべんなく勉強をして不得意科目をつくらないようにすることが求められます。

試験対策は独学でするかどうか

宅建士の試験勉強は多くの人が仕事をしながら、家事や育児をしながら挑戦しているためかなり多忙な中での挑戦です。そうすると、どうしても毎日の試験勉強時間をどうやって捻出するかが課題となります。

ただし、宅建士は受験希望者が多くいる人気の資格試験であるため、問題集も多く販売されており自分に合った効率的に勉強できるものが見つけやすいです。とはいえ、完全に独学で勉強するのはかなりの苦労も伴います。そこで、最近では通信教育や予備校に通って資格試験をしているという人も多いです。

通信教育もただ添削課題を解くだけでなく動画配信やDVDでの授業のものもありますし、質問ができるものも増えています。そういった点では通信教育でも勉強がしやすいですし、進めやすいです。通信教育はさぼりがち、続きにくいと思っている人も多いですが課題提出をしないと連絡がくるところもあり、モチベーション維持がしやすい工夫がされているところもあります。

もちろん予備校に行くのが最も確実に勉強できる方法です。しかし、通勤や家事、育児の合間に通学することは難しいという人も多くいます。
そういった人にとっては通信教育で自宅から外出せず空き時間を使って勉強できるのはとても助かる方法です。