1. >>
  2. >>
  3. 通関士資格の難易度と勉強のコツ

通関士資格の難易度と勉強のコツ

通関士資格の難易度と勉強のコツ はコメントを受け付けていません。

通関士の試験概要

勉強道具通暗視の試験は社会人だけでなく学生、外国人と誰でも受験することができます。試験の受験者は男女比2対1ほどで男性の方が多いです。ただ、長く働ける仕事ということ、就職活動時に有利になるということで今後女性の受験者数が増えていくことが考えられています。

受験は全国13か所にある試験会場で受けることが可能です。試験は通関業法、関税法・関税定率法その他関税に関する法律、および外国為替、通関書類の作成要領と通関手続きの実務という3つの領域があります。試験では通関税法、関税法、関税定率法という3つの法律が基本となっており、この3つを中心として勉強するのが一般的です。

試験では実務試験もあり、こちらは輸出申告書と輸入申告書の作成が必要になります。最近の傾向として、これらは法令を理解しているかどうかを確認する内容がメインです。

試験の難易度と勉強方法

試験では英語を使うことはないですが、通関書作成のためにはある程度の英単語は知っておく飛鳥があります。ただ、出てくる単語もある程度決まっていますから試験勉強の一環で覚えられるほどのものであり、英語が苦手という人でも十分対応可能です。受験者は毎年1万人程度いますが合格率は10パーセントほどに落ち着いています。合格率を考えるとかなり難易度の高い試験です。

試験は60パーセントの正答率で合格できます。ただし、これは3科目すべてが60パーセントを超えることが必要です。そのためどの科目もまんべんなく勉強して試験対策をしなければなりません。どうしても独学で勉強していると得意なものとそうでないものが出てきますし、勉強時間もムラが出てきがちです。そこで、計画的に勉強することが必要になります。一般的にはゴールデンウイークあたりから勉強を始め、半年ほどかけて試験対策をしていると合格率が高いです。