1. >>
  2. >>
  3. 中小企業診断士の仕事内容と向いている人

中小企業診断士の仕事内容と向いている人

中小企業診断士の仕事内容と向いている人 はコメントを受け付けていません。

中小企業診断士を活かせる仕事

コンサルコンサルタントになりたいという人や今の仕事でスキルアップをしたいという人たちが中小企業診断士になりたいと考えて塩飽試験に緒戦することが増えています。中小企業診断士はとても難しい試験で最終的な合格者は6パーセントほどというとても難易度の高い試験です。試験のために勉強するべき内容も多岐にわたるためかなり苦労をします。

もちろんこれだけ難易度の高い試験ですから資格を取得していることによってかなり有利に働くことは多いです。ただし、資格を活用できる業務には限りがありますから、資格を取得したからといって今の仕事でとても優遇されるようになったり、他の企業での転職が希望通りにいくとは限らなかったりするので、きちんと資格が生かせる仕事を選ぶことが必要になります。

最も多い転職先はコンサルティング業界

中小企業診断士の転職先としてはコンサルティング業界が最も多いです。資格を持っているだけで転職が有利になるとは限らず、他にも求められるものがあります。たとえば、コンサルタントとしての経験や前職での経験、キャリアといったものも加味冴えるものです。

実際、コンサルティング業界でも求人にあたっては様々な条件がかかれていることが増えています。中小企業診断士の資格以外にも、税理の実務経験がある人、企業での営業経験がある人、語学が堪能な人などといった条件が抱えていることがほとんどです。

資格の名称として中小企業診断士という名称がついているため、中小企業でコンサルティング業務を行うことが多く、一人で顧客を抱えることが一般的となっています。そのため、業務をするにあたってはただコンサルティング業務を行うことができることはもちろんですが、複数のクライアントを抱えることもあるので並行して業務を行える処理能力も必要です。

コンサルタント会社以外にも活躍の場はある

コンサルタント会社以外にも、中小企業診断士は活躍の場があります。財務、会計、経営、法務、情報システムなど幅広いビジネスの場で役立てることができるので、エンジニアのようなクリエイティブな仕事以外の業務では資格を活用することが可能です。ただ、どの業種においても中小企業診断士になるために学んだ知識だけでなくその分野についての知識も必要になります。そのため多岐にわたる知識を身につけておくこと、今までにいろいろなキャリアを積んでいることが採用に有利になる条件です。

最近では中小企業診断士の資格を取得していることが管理職になるために有利となることも増えています。そのため、コンサルティング業務を行う以外にも一般企業に勤めて仕事をすることも選択肢として選ぶ人が多いです。