1. >>
  2. >>
  3. 社労士の転職事情

社労士の転職事情

社労士の転職事情 はコメントを受け付けていません。

社労士の転職先

社労士社労士の転職先として、基本的に多くの人たちは社会保険労務士事務所や法律関係の事務所です。これらの事務所というのは労務や人事に関する専門家として社会保険労務士が働いています。クライアントから依頼された労務関係の相談を受けたり社会保険関連の手続きをしたりするのが主な仕事です。
ただ、事務所としては規模はとても小さくそのために求人数も決して多いとは言えません。そのため就職や転職はかなり難航することも多いです。そこで、最近では社労士の資格を活用して働ける一般企業での仕事をする人が増えています。

コンサルティング会社で働く

コンサルティング会社というのは社労士の資格を取得するために学んだ知識が活用できる現場です。クライアントの雇用対策を受けたり、就業既定の制定をしたりすることによって企業の経営サポートをすることが仕事となります。

コンサルティング会社に勤めた場合、多くの人は一つの企業ではなく複数の企業でコンサルタントとしての仕事をするのが一般的です。そのため、社労士としての知識やスキルだけでなく担当する企業についての知識や業種についての知識も身につけておく必要があり、仕事を始めてからも学ぶべきことはたくさんあります。

一般企業で働く

一般企業一般企業でも社労士は活躍していることが多いです。企業の中では社労士が取り扱うような保険関連の知識をはじめとした労務や人事の知識を必要とする場面が多くあります。そこで、従業員以外にも健康保険や育児休暇といったものの業務をこなしている人がいるのです。

このような人たちはコンサルティング会社に依頼をして派遣をしてもらうことも可能です。しかし、自社の従業員で賄った方が企業としてはコストが削減できますし、作業も後逸化が図れます。そこで、最近では社労士を積極的に採用している企業も増えており、そのために社労士の転職先として一般企業を選ぶ人も多いです。

独立開業をする

社労士は国家資格を取得して働く仕事であるため、その資格を生かして独立をする子Oができます。ただし、国家試験に合格するだけでなく、その後全国区社会保険労務士会連合会に社会保険労務士としての登録が必要です。

将来的に社労士としてドック率開業することを目指している人も多くいます。特に独立するとクライアントからの報酬は事務所ごとに決めることができるので、人によっては報酬が事務所で働いている時よりも大幅に上がるという人もおり、そういった点も魅力です。

ただし、独立して成功するためには社労士としてのノウハウだけでなく、営業や交渉といった部分でも能力が求められます。新規顧客を開拓するために紹介を募ることもありますし、新たな取引先を見つけるための営業や接待も必要です。そういった地道な努力が必要という点では安定的とは言えず仕事はかなり大変でもあります。