1. >>
  2. >>
  3. 宅建士の仕事内容と向いている人

宅建士の仕事内容と向いている人

宅建士の仕事内容と向いている人 はコメントを受け付けていません。

宅建士の仕事

宅建宅建士というのは正式名称が宅地建物取引士という資格です。国家試験を受けて合格すると宅建士として働くことができます。特に受験資格はなく誰でも受験することができますが、実務経験がないという人は都道府県知事の登録のための実務研修を受けることが必要です。勤務先としては基本的に不動産業を行っている事業所になります。不動産を取り扱う際、従業員5人につき1人以上は宅建士の配置が必要です。これは法律で義務付けられています。

宅建士の仕事は基本的に不動産の取引を行うことです。不動産の売買、貸し借りといったことをする際に現地状況の確認と権利関係の調査、取引相手に内容説明、契約の締結といったことが主な仕事になります。これらの業務は独占業務であり、契約締結前に行う重要事項説明と重要事項説明書への記名、捺印、契約書への記名と捺印を行うことをしており、このような不動産の契約で最も重要となる内容は宅建士がいなければ行えないことになっているのです。

宅建士に向いている人

宅建士は不動産を取り扱仕事ですから、やはり不動産が好きな人が向いています。知識を身につけるにあたっても、やはり興味関心のあることの方が身に付きやすく覚えも早いです。そのため、宅建士になるにあたっては不動産が好きな人、興味関心がある人の方が向いているといえます。

次に不動産を取り扱うにあたっては説明をしたり交渉をしたりといった接客業務が必要です。そのため接客業務が好きという人が向いているといえます。

特に売買をするような業務を行う場合には取り扱う不動産の価値も高く一度に動く金額も大きいです。そのため取引をするにあたっては交渉能力も求められますし、そういったプレッシャーのかかる場面でも緊張することなく気持ちよく仕事を進められる人が向いているといえます。

最期に宅建士の仕事は資格があれば続けられるものです。そのため女性が活躍できる現場であり、出産育児のブランクがあっても続けることができます。

そこで、最近では女性が出産育児を経て仕事復帰をして続けるということも多いです。働き方も様々で正社員としてフル勤務をするだけでなく、パートや短時間勤務として重要事項説明を中心に行って働く人も増えています。働き方の選択肢もあり、長く続けやすい現場であるということで宅建士を目指す女性も増えているのです。